お腹の調子が悪い時は注意|クリニックで下肢静脈瘤の手術をしよう|今から勉強しておく

クリニックで下肢静脈瘤の手術をしよう|今から勉強しておく

お腹の調子が悪い時は注意

先生と看護師

なる人が増えている

がんの中で最も発症する人が多いのが大腸がんです。かつて日本人に多いがんと言えば胃がんでしたが、これは塩分を摂る量が多かったためです。しかし日本人の食生活が大きく変化し、欧米化してきたことから大腸がんになる人が増加しました。大腸がんになると腹部に違和感を感じたり臭いおならが出るようになります。下痢と便秘を繰り返したり、便に血がついていることもあります。長い間お腹の調子が悪い場合は大腸がんも疑ってみる必要があります。大腸がんを発症するのは男性の方が多いのですが、女性の方が重症化する人が多いことがわかっています。これは体に異変を感じても診察を受けるのが恥ずかしいという意識が先にたち、治療を受けるのが遅れるためです。

便を検査するだけでわかる

大腸がんは進行が遅く、早期に治療を受ければ治る確率が大変高いがんです。お腹の調子が悪いと感じたら内科や消化器科、肛門科などを受診して、検査を受けてみると良いでしょう。調べるためにはまず便潜血検査が行われます。これは便の中に血液が混ざっているかどうかを調べる検査で、便を提出すれば検査を受けられます。40歳過ぎたらがんになるリスクが高くなるので、自覚症状がなくても便潜血検査を受けると良いでしょう。便潜血検査で血液が混ざっていることがわかったら、次は内視鏡や注腸造影検査、血液検査などを行いどこにポリープが出来ているか調べます。きちんと検査を受けると共に、食生活を改善することも大腸がんのリスクを減らすことにつながります。大腸がんだと発覚して初期ステージの場合には内視鏡治療が行われます。ステージ2以上に進むと手術による切除が行われるケースが多いです。